MENU

ホーム > 選ばれる理由 > 抜群の快適性~自然の力を取り入れた家

栄伸建設の高断熱パッシブ住宅は、太陽熱や風の自然エネルギー、つまり、パッシブ要素を取り入れています。

自然の力を取り入れた家

冬の太陽熱を取り入れる

太陽がサンサンと輝いている冬の日、室内に太陽光を取り入れると保温力も相まってポカポカ暖かいです。
お客様も「暖房をつけずとも十分に暖かい」とおっしゃいます。

通常、日が沈むと室温はグンと下がりますが、高断熱パッシブ住宅は太陽熱を溜め込んでいるので、日が落ちてもまだ暖かいです。
エアコンをつける時間を減らせますし、暖かい状態からエアコンをつけ始めるので、とっても省エネです。

夏の太陽熱を遮る

「太陽熱って夏は暑そう」
大丈夫です。
ここは古き良き日本家屋の知恵を借ります。
季節ごとの太陽の角度を考え、軒や庇(ひさし)をしっかり付ければ解決します。
暑い日に日傘をさすように、軒や庇を付け、室内への太陽熱の侵入を減らします。

風を取り入れる

風を取り入れるのは特に夏に活躍します。
ランマ付窓と呼ばれる大きな窓の上に小さな窓が付いているのを見たことはありませんか?
このランマ付窓、実はとても優秀で、1階と2階の欄間窓を開けると『温度差換気』という自然現象により籠った熱を上手に屋外へ逃がすのです。
夏は窓を全開にして室温を下げようとしますが、高断熱パッシブ住宅は違います。
朝の一番涼しい空気を溜めこんだら、大きな窓は閉めちゃいます。
そしてランマ付窓を開け、空気を循環させます。
ランマ付窓の上は軒やバルコニーで日陰になっているので、入ってくる空気は思ったほど暑くありません。
また、ピタッと風が止んでしまった寝苦しい夜でも、温度差換気で家の中は涼しいです。

パッシブは古き良き日本家屋の知恵

昔の家は『夏を旨とすべし』とされ、夏涼しく過ごせる家を建てていました。
逆に冬はとても寒いです。
パッシブという言葉自体は新しいですが、太陽光や風を取り入れたり、軒や庇をしっかり設ける設計は、昔から日本にあるものです。
古くからあるパッシブという要素に、新しい技術の高断熱・高気密を加えることで、夏も冬も快適に暮らせる家になるのです。
そこにガマンは必要ありません。

まだある栄伸建設が選ばれる理由

資料請求
お問い合わせ

資料請求
まずはご相談から! 些細なことでもお気軽に。
住宅施工例
工場・施設 施工例

ページメニュー

アクセス

兵庫県丹波市春日町牛河内348


© 2024 丹波市の工務店「栄伸建設」 All rights reserved.